FC2ブログ
すぬお。です。

すぬお。

Author:すぬお。
FC2ブログへようこそ!

カメラを通して見た私の視点。
カレンダー
FC2カウンター
タグ
お知らせ

FC2アクセス解析

○当ブログに掲載している画像・文章等の著作権は当サイト制作者にあり、日本国著作権法及び国際条約による著作権保護の対象となっています。私的使用や引用等著作権法上認められた行為を除いて、無断で引用、転載、複製することは著作権侵害となり、法的に罰せられるほか、損害賠償を請求されることがあります。
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
バロメーター
ブロとも申請フォーム
リンク
フリーエリア


ブログ内検索
犯人探し・・・ねぇ。
いじめ問題。


いじめられて、追い詰められ、自ら命を絶ってしまう。

今や、マスコミを巻き込んで犯人探しの様相を呈してきた。

犯人探しだけが先行して、更にいじめが陰湿化するのを恐れる専門家もいるが、私個人は多少の犯人探しは仕方ないと思う。

現実にいじめをきっかけに、人が死んでいる。

人の死に、いじめが原因であれば、原因を作ったものを探すのを当然だと思う。

いじめられた人は、耐え難い苦痛を受ける。

親には相談できない、頼みの学校の先生も相手にしてくれない。

そして最悪の道に進む。

いじめられた人は、誰だって心のどこかでいじめた奴の事を恨んでいるさ。

間違いないよ。


なぜなら、俺もいじめられたことあるから。


俺をいじめた奴を苦しめてやりたい、同じ思いを味あわせたい。

いじめにあったら誰だってそう思うさ。

福岡の件で、いじめたとされる生徒達は、自殺発覚後に眠れなくなったり、やる気をなくしたりとする症状が出ているという。


謝罪したってもう遅い、人が死んだんだから。


人間に個性がある以上、いじめは無くならない。


いかに周りの大人達が子供の目線で見守ってあげられるかが、大事だと思う。
スポンサーサイト



ひとりごと | 2006/11/01(水) 00:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)| この記事へのリンク
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する